赤坂の土佐料理「祢保希」で日本酒を応援する会に参加、土佐料理と日本酒を堪能

   2016/11/14


 

「日本酒を勝手に応援する会」に参加してきました。友人に誘われての会でしたが、良い時間でした。

主催は、柳下裕紀さん
プロフィールはこちら ➡http://ameblo.jp/yukiyagi7/

 

場所は、赤坂見附駅前の土佐料理「祢保希」でしたが
お酒は勿論のこと、お酒にあったお料理が素晴らしかったです。

 

また、席の斜め前に土佐料理「祢保希」の経営者がいらして、最初存じ上げずにお話を伺っていましたら
非常にお料理に詳しく気の付く方!と思いましたら、なるほど社長さん!!という事でした。

誘ってくださった友人のオフィスは丸の内の一等地のビルに入っているのですが、このお店の丸の内店は

その友人のオフィスの入ってるビルにあり
普段から、こちらのお店を時折利用しているようで、ここでも人の繋がりがありました。

日本酒を勝手に応援する会の目的?

(会で頂いた資料より抜粋)

日本酒が新たな成長拡大のステージに向うために!

和製シャンパンをイメージしたスパークリング日本酒という新たな市場の開発がされています。

銘酒といわれている蔵元でも、続々と発泡酒を販売しはじめました。
例えば、田酒で有名な青森の西田酒造店は、フラワースノーという吟醸タイプ活性にごり酒のスパークリングを、また、
今後を懸念した宮城県の蔵元4社が新設合併をして設立した㈱一ノ蔵では、すず音を、
獺祭では、シャンパンボトルで、ガス圧のある酒を印象づけたりと人気が上昇しています。

 

実際、我が家に集まる大学生たち(成人)もスパークリング日本酒を時折楽しんでいます。
若い女子にも、入り口としては良いのではないでしょうか?

また、乾杯でオシャレに頂けるもの素敵です。

選ばれしお酒とお料理

石川県の福光屋の酒炭酸クリアで乾杯

先付 柿白和え(柿釜盛り)

美味しくて、器の柿までもりもりパリパリ頂きました。

新谷酒造 和可娘 純米吟醸 新 無濾過生原酒(山口県)

山口県の山奥の過疎地、獺祭の旭酒造と同じ苦難と選択をした酒造。
冬だけの蔵人の確保が困難になり逆転の発想で四季醸造へと変革。
高齢のスタッフが次々と去り、社長兼杜氏の新谷さん一人でスタート、
新しい取り組みに挑戦し続けている。

2015年のミラノ万博では、イタリア米を使った日本酒造りを依頼されたそうです。
素晴らしい!

前菜 吹き寄せ盛

天寶一 純米吟醸 山田錦(1-51-5)(広島県)

蔵元の代表(五代目)と41歳の杜氏の若手コンビが和食を最大限に生かす、名脇役をコンセプトに酒造りが頑張っています。

お造り 鰹塩たたき

今思い出しても、またすぐに頂きたくなってしまいます。

塩たたきですが、スダチ?でいただき、さらにポン酢でいただき、幾重にも楽しみ味わうことができました。

 

 

 

塩川酒造 COWBOY YAMAHAI 山廃純米吟醸原酒(新潟県)

18.5度と高めのアルコール度数が肉の脂を流し、食欲を刺激する、肉の良さを引き上げる酒にフォーカスした酒造りをしています。
差別化戦略です!

強肴 黒毛和牛味噌ロース

本当においしいお肉でした。

木下酒造 玉川 自然仕込 山廃本醸造ひやおろし(京都府)

英国バーミンガム出身、オックスフォード大学文学部ドイツ近代文学専攻出身、
日本で唯一外国人当時フィリップハーパー氏のお酒です。

進肴 四方竹とワラサ麴漬

福禄寿酒造 一白水成 白ラベル 特別純米(秋田県)

「NEXT5」
秋田の若手蔵元5人が集まり、酒造りガンバの活性化を図ったそうです。
全員が経営者であり、酒造りにもかかわる製造技術者で「蔵元技術集団」だそう、若手が頑張っていますね。

酢の物

 

写真忘れてしまったのですが、食事 に 焼き鯖寿司!これがまた、抜群いおいしかったのです。

写真、残念です。 サバも焼いてありますが、ごはんも焼いてあるのです。

そして、留椀 味噌汁にデザート。これもまた美味しかったのですが、安心しきって撮影忘れました。

 

 

最後に

日本酒の未来をどのようにしたらよいのかを具体的に考え提案しての会、そして、お料理のおいしさと、それにマッチするお酒、満足度の高い時間でした。

 

このところ、日本酒バーも増えていますし、息子の友達の流れをみても、日本酒は流行っているのではないかと思います。

息子や周辺友達の大学の集まりを見ていても、女子へのおしゃれ日本酒提案会や、利き酒選手権などにも出ていますし、

明日も、日本酒パーティに出かけるようですし、日本酒は、若い世代に対しては、ずいぶんとイケてると思うのです。

日本国内でも売り上げが上がっていくのではないかと思いますし、それを望みます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。