地震保険。地震が起きたら、咄嗟にした方が良い事2つ。

 


地震が気になります。

イタリアの地震に続いて、ニュージランドでもまた大きい地震がありました。

ニュージーランドでの2011年2月22日の大地震よりも、少し場所が海に違い場所が震源だったそうで
被害は少なめだったようではりますが、ニュージーランドの人に伺ったら
余りに揺れるのでトラウマになりそうだそうです。

ニュージーランドの2011年2月22日の大地震のお見舞いや被災地への支援について
世間で話題になっている頃、ちょうどその3週間ほど後になり、日本でも続いて311東北大震災が起こったわけです。

今回も、ニュージーランドが揺れて、まもなく3週間になりますので
日本でもまた?と気になるところです。

さて、地震が起きたら咄嗟に何をするか?は、どこで誰と何をしているかによりますね。

もしも、自宅にいたならば、すぐに地震保険の手続きが出来るように
次の2つをしておきましょう。

地震保険 地震が起きた時、咄嗟にどうするか?

地震保険、311の後は、加入された方が多いかと思います。

地震保険を請求するほどの地震に遭遇した場合
地震直後にどのようなことをしたら良いのかを簡単にまとめておきます。

(我が家の家族に 保険の専門がいます)

現場の状態を撮影(写メなど)

片付ける前に、写メでいいので、現場の状態の写真を撮っておく。
(撮影し忘れても、本棚が倒れた、食器の扉が開いてガラスが割れた、、など、書き記しておくこと)

担当の保険代理店へすぐに連絡

保険証券に記載されている連絡先、ご自身の担当者にすぐに相談。
「損害の程度」を、「全損」、「半損」、「一部損」に分類し、その「損害の程度」により、お支払いする保険です。

建物、家財、ともに損害を査定するチェックリストに沿って損害程度が決まるそうです。

地震保険は、通常の火災保険とは異なり、実際の損害額を保険金としてお支払いするものではありません。
損害の程度によって「全損」「半損」「一部損」の認定を行い、
それぞれ地震保険金額の100%・50%・5%を定額で支払らわれます。

とにかく、落ち着いたところで、片付けたくなるでしょうけれども

写メで良いので、撮影しておくと良いです。

地震への備えについてのおすすめ記事はこちら➡http://kanakura-house.net/archives/753html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。