初午には「北鎌倉光泉」のお稲荷さん,そして東慶寺へ

   2017/02/02


初午とは?

初午とは、2月最初の午の日のことをいいますが
2017年は2月12日です。

初午は、711年に京都の伏見稲荷大社に祀られている
五穀をつかさどる農業神の宇迦之御魂(うかのみたま)が、
初午の日に伊奈利山(いなりやま・京都市東山連峰)へ降臨され建立された日と言われています。

伏見稲荷大社は、稲荷神社の総本社です。

古来より日本人は狐を神聖なものとして見ており、
稲荷神社では狐が神の使いとして祀られています。

この狐の好物が油揚げと考えられており、油揚げをお供えします。
油揚げを使った料理を「稲荷」と呼ぶようになりました。
お稲荷さんは、俵型(東日本)と三角(西日本)ですが
江戸時代は細長い棒状だったそうです。

2017年初午は2月12日 初午と稲荷の関係 北鎌倉の「光泉」の稲荷が美味しい

北鎌倉で有名な稲荷寿司「光泉」

%e3%81%bf%e3%81%95%e3%81%93%ef%bc%91

そんな細長いお稲荷さんが北鎌倉駅前にあるということで
しかも、美味しいお稲荷さんということで
早速、北鎌倉駅前「光泉」へ走りました。

北鎌倉の駅改札を出てすぐ右にあります。
素朴な優しいお味です。
店内でも頂けますがお土産としても良いと思います。
日本の行事を楽しんで丁寧に味わいたいですね。

%e3%81%bf%e3%81%95%e3%81%93%ef%bc%92

北鎌倉東慶寺へ

そして、北鎌倉駅前の東慶寺さん、縁切寺としても有名ですが
梅の季節になりましたので訪ねてみました。

東慶寺は今から約720年前に北条時宗夫人の覚山志道尼が開創いたしました。
封建時代、女性の側から離婚できなかった時代に、東慶寺に駆け込めば離縁できるという
女人救済の寺として明治に至るまで600年の間、縁切りの法を引き継いできました。

%e3%81%bf%e3%81%95%e3%81%93%ef%bc%93

明治4年(1871)には縁切りの寺法は廃止となり
尼寺の歴史も明治35年(1902)に幕を閉じました。
現在では、小さいお寺ながら、四季折々の花々が参拝客を楽しませてくれます。
今日は、梅と水仙、心の安らぎを感じられました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。