「ふるさとのねこ」岩合光昭写真展はネコ好き必須の展示会です。

 


猫の可愛さについては、色々可愛いところを思い浮かべるだけで
旨がきゅ~~~んとしてしまう程に
可愛すぎてしまう。

サイズといい、手触りといい、可愛さといい、毛の生え方、声、媚びるところと無視するところ、、

全てがツボです。

 

今飼っている猫のクロちゃんは、18才であり
猫でいう「金さん銀さん」クラスです。

見た目は、若々しいけれども
ちょっとジャンプが下手になったりして
老いを感じることも多くなりました。

18年一緒に暮らし、特に私は、育ての母であり
親友であり、家族であり、もうなくてはならない存在になっており

近い将来、天国に行ってしまうことは間違いなく
それを想像するだけでまた、胸が苦しく切なくなるのです。

%e3%81%ad%e3%81%93

「ふるさとのねこ」岩合光昭写真展

小田急百貨店本店11階で開催中の「ふるさとのねこ」岩合光昭写真展へ行って来ました。

とても良い作品でした。

リンゴ園などの田舎のふるさとを背景に生きる猫たちの写真です。
津軽の四季、親猫と子ネコたちの物語がテーマとなっています。

岩合氏は、津軽の地に日本の原風景を見て、1年をかけて子ネコと人の暮らしを撮影したそうです。

ネコグッツ販売コーナーもあり
猫ファンにはお楽しみとなるでしょう。

小田急百貨店【新宿店】「ふるさとのねこ」

2016年12月27日(火)→2017年1月4日(水)
本館11階=催物場

※12月27日(火)→30日(金)は午後8時30分まで
※12月31日(土)は午後6時まで
※2017年1月1日(日・祝)は休業日
※1月2日(月・振)・3日(火)は午後8時まで
※最終日1月4日(水)は午後7時閉場
※各日ご入場は閉場の30分前まで
入場料(税込)
一般 700円
大学・高校生500円
中学生以下無料

岩合光昭プロフィール

1950年東京生まれ。
地球上のあらゆる地域をフィールドに活躍する動物写真家。
その美しく、想像力をかきたてる作品は世界的に高く評価されている。

一方で身近なネコの撮影も40年以上ライフワークとして続けている。
2012年からNHK BSプレミアム「岩合光昭の世界ネコ歩き」の番組撮影を開始した。
著書に『ねこ』『ねこ歩き』『ネコライオン』『岩合光昭の世界ネコ歩き』『ふるさとのねこ』
『コトラ、母になる』『岩合光昭の世界ネコ歩き 続・番組ガイドブック』『ねこのとけい』などがある。 

猫写真展示コーナー

また、自分のネコの写真を持って行くと
展示できるコーナーがあります。
私は初日朝いちばんに行きまして、
真ん中の一番上に貼ってきました。 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。