小山田古墳 飛鳥最大級の方墳と判明 舒明天皇か蘇我蝦夷か?

 


古墳ガールとしては、たまらなくワクワクするニュースが飛び込んできました。

小山田古墳が、飛鳥時代最大級の方墳と判明したそうです。

一辺約70メートルという大きさですので、被葬者は遣唐使派遣などで知られる舒明天皇か
天皇をしのぐ権勢を振るった豪族・蘇我蝦夷か?とどちらかだと考えられているそうです!!

飛鳥時代の大型方墳2つ

飛鳥時代の大型古墳で有名なのは、推古天皇陵とされる山田高塚古墳(長辺約60メートル)
明日香村の石舞台古墳(一辺約50メートル)などがあります。

奈良県立橿原考古学研究所(橿考研)が新たに発見した石室通路の幅は約2・6Mほど、、
石舞台古墳(2・1~2・6メートル)と同じくらいです。

小山田古墳は、舒明天皇か蘇我蝦夷の墓か?

今回の最大級といわれる、小山田古墳が築かれた時代は7世紀前半であり
古墳が縮小していく時代に巨大な方墳を造れたのは天皇しかいないのではないかと考えられ
舒明天皇ではないかと考えられているようです。

わくわくです!!

研究者により考察が違うようですが、石室通路改葬後にも公的管理が続いた印象があるとし
討たれた蝦夷の墓とは考えにくいとみる考察、

また、一方、舒明天皇は火災で飛鳥岡本宮から別の宮へ移った後、二度と飛鳥に戻らなかっため
飛鳥の中心地に墓を造るとは考えにくいので曽我蝦夷ではないか?と言われてもいます。

日本書紀には、蝦夷が642年に自分と息子入鹿の「双墓(ならびばか)」を造り、「大陵小陵」と称したと記しています。

飛鳥博物館長は、小山田古墳は蝦夷、入鹿父子が邸宅を建てた甘樫丘(あまかしのおか)から南方に延びる丘陵にあることを
考えると、一帯は蘇我氏の根拠地であり、大王墓より大きな墓となれば、7世紀の政治史を解き明かす大きなヒントになると
発言されているそうです。

堺女子短大名誉学長は日本古代史専門だそうですが、
古墳の盛り土から見つかった瓦の破片が、蝦夷・入鹿の邸宅と関連があるとされる甘樫丘東麓遺跡の出土品と同型であることに
注目をされていて「蘇我氏に有利な資料。西隣の菖蒲池古墳とともに大陵小陵と考えたい」と話しているそうです。

舒明天皇(593~641年)

先代の推古天皇は、在位36年3月7日(628年4月15日)に崩御した時、継嗣を定めていなかった。
蘇我蝦夷は群臣にはかってその意見が田村皇子と山背大兄皇子に分かれていることを知り、田村皇子を立てて天皇にした。
これが舒明天皇である。
これには蝦夷が権勢を振るうための傀儡にしようとしたという説と他の有力豪族との摩擦を避けるために
蘇我氏の血を引く山背大兄皇子を回避したという説がある。
また近年では、欽明天皇の嫡男である敏達天皇の直系(田村皇子)と、庶子である用明天皇の直系(山背大兄皇子)による
皇位継承争いであり豪族達も両派に割れたために、蝦夷はその状況に対応した現実的な判断をしただけであるとする見方もある。
ともあれ、舒明天皇の時代、政治の実権は蘇我蝦夷にあった。
在位中、最初の遣唐使を送り、唐からの高表仁の返訪を受けた。
唐には使者の他にも学問僧や学生が渡り、隋の頃に渡った者も含め、僧霊雲、僧旻、僧清安、高向玄理が帰国した。
百済と新羅からの使節も訪れた。
『本朝皇胤紹運録』や『一代要記』などでは、49歳で崩御と伝えられている。
古い史料による確認は困難なものの、母である糠手姫皇女(田村の御名は彼女から継承されたものである)が
舒明天皇よりも20年以上長く生きて天智天皇3年(664年)に没している事や、皇子である天智天皇らの年齢を考えると、
ほぼ正確な年齢(もしくは数年の誤差)ではないかと見られている
wikipedhiaより

蘇我蝦夷

蘇我馬子の子で、母は物部守屋の妹・太媛。
推古天皇末年から皇極天皇の御代にかけて大臣として権勢をふるった。
推古天皇の崩御後、皇位継承者の選定に当たり、推古天皇の遺勅として田村皇子を舒明天皇として即位させた。
有力な皇位継承の候補者としては、田村皇子と山背大兄王[2]がいたが、山背大兄王を推薦した叔父の境部摩理勢を殺害した。
『日本書紀』はこれを蝦夷の専横の一つに数えるが、父・馬子の死後、蘇我氏に対する内外の風当たりが強くなる中で
皇族や諸豪族との融和を重視して、蘇我氏との血縁関係のない舒明天皇を即位させたという説もある。

舒明天皇の崩御後は皇極天皇を擁立したが、山背大兄王の私民を使役して自らの墓所を作らせた。
また蝦夷の子・蘇我入鹿に紫冠(冠位十二階最高位大徳の色であるが、代々大臣を務めた蘇我氏当主の冠とする説もある)を
授けて大臣と擬し、弟を物部大臣とし、屋敷を宮上の門(みかど)とよばせるなど、自らを大王に擬する行為があった。
一方で子の入鹿は、山背大兄王を襲って上宮王家一家を自殺に追いこんだ。
『日本書紀』は、蝦夷はこの入鹿の行為を怒り、嘆いたと伝えている。

皇極天皇4年(645年)に天皇の御前で入鹿が殺害されると、蝦夷のもとに与する者が集まったが、翌日入鹿の屍を前にして
蝦夷は邸宅に火をかけ、自害した(乙巳の変)。享年59。
なお、『日本書紀』によれば、『天皇記』はこの時に失われ『国記』は船恵尺が火中の邸宅から持ち出して、難を逃れた。
後に中大兄皇子に献上されたとあるが、共に現存しない。
wikipediaより

小山田古墳築造前後の出来事

592年 推古天皇が即位
626年 蘇我馬子死去
628年 推古天皇死去
629年 蘇我蝦夷らの後押しで舒明天皇が即位
630年 舒明天皇が初の遣唐使送る
639年 舒明天皇が初の官寺、百済大寺建設を命じる
641年 舒明天皇死去
642年 皇極天皇が即位
舒明天皇を滑谷岡に葬る
蝦夷が息子入鹿との双墓を造る
643年 舒明天皇を押坂陵に改葬する
入鹿が聖徳太子の子の山背大兄王を自害させる
644年 蝦夷と入鹿が甘樫丘に邸宅を建設
645年 乙巳の変で蝦夷、入鹿が滅ぶ

さいごに

古墳が大好き、歴史が大好きで旅の中に古墳巡りや城めぐりをいれていますが、こういった新しい発見や仮説は飛び切り面白く興奮してしまいます。

なかなか簡単に中を見学は出来ませんが、また奈良へ行く楽しみが増えました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。