吉見百穴横穴古墳は見ごたえあり、しかし心霊スポットとは知らず

   2017/03/08


埼玉吉見百穴へ行ってきました。

JR鴻巣駅からバスで20分程。
東松山駅からですと10分程かと思います。

車の場合駐車場があります。
駐車場はパッと見で150台くらいは停められそうな雰囲気。
時間は8:30-17:00、もちろん無料です。

バスを降りて、この川を渡ったらもうすぐそこに入口が見えます。

この吉見百横穴古墳ですが、見ごたえありです。

吉見百穴古墳とは

約1300年前の古墳時代終末期の横穴墓群です。

最初は、土蜘蛛人(コロボックル人)の住居であり
のちに墓穴として利用されたものであると断定されたようですが、
考古学の発展により各地で横穴の発見発掘の結果
横穴が古墳時代の後期に死者を埋葬する墓穴として掘られたものであることがわかったようです。

 

 

古墳時代後期(6世紀-7世紀頃)に造られたものであり
他の多くの古墳が土を盛った小山の中に1つだけ玄室が存在する構造であるのに対し
岩山の表面から数メートルの小穴を多数掘って造られた集合墳墓のことを言います。

多くの穴に古墳と同様の台座状構造があり、ここに棺桶を安置したと言われています。


中に入ってみますと、台座は穴によっては複数存在しており
このような穴には、複数、家族単位で葬られたものと考えられています。

穴の中は左右に一段高い段が付けてありますが、ここに埋葬したのでしょう。
それほど長くないところを見ると、当時の人の身長が低いことがわかります

 

軍需工場跡は心霊スポット・・・なの??

このトンネルのような穴は、軍需工場跡。
古墳時代の穴とは別に、第二次世界大戦時の大きな穴が数ヶ所開いていて、
中でつながっています。

洞窟は、軍需工場用に施工されたもので、作業はダイナマイトを使用した危険なものでした。
昼夜問わず労働をした3千人ほどが突貫工事に関わっており
当時の時代背景を考えても過酷な環境だったのが予想できます。

吉見百穴古墳を堪能してから、興味を持ち、検索をしてみましたら

心霊スポットという記事がだーーーーーっと!!

本当ですか?

私は、何も知らずに軍需工場跡や古墳の横穴に一人静かに入って
歴史を脳内トリップで楽しんでいたのです。

事前に知らずに行って良かった。
知っていたら、一人で散策するのが怖かったですよね。

ヒカリゴケも

光っているのが見えますか?
これは天然記念物のヒカリゴケです。

おわりに

心霊スポットということも知らずに
横穴を満喫し、手打ちのお蕎麦を頂き


なんとも愉快な「岩窟売店」でソフトクリームを頂きながら
ここのおじちゃん、おばちゃんと地域の情報を頂き
一人旅の楽しさを感じます。

 

松山城跡へも立ち寄ってみました。

 

城跡がしっかり残っていまして
城好きにはたまらないかも?!

面白い事は、どんどん自分で見つけなくちゃね。

古墳巡りに最適な季節がやってきました。
古墳めぐりしたいな~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。