水郷佐原と伊能忠敬旧宅、そして東薫酒造への日帰り旅を計画中

 


水郷佐原の魅力

旅好きな兄から、佐原は面白いぞ、と勧められました。

兄は、社会科の教員でしたので、歴史や地理など特に詳しく時折、歴史地理旅好きの妹の私に面白い場所を教えてくれます。

 

旅ナビhttp://www.suigo-sawara.ne.jp/entry-info.html?id=4512より

伊能忠敬活躍の地佐原

人生50歳から!地球1周分歩いた男 伊能忠敬

なんと
56才を過ぎてから肉体をメジャーにして17年間をかけて
全国を歩ききったそうです。

伊能忠敬は、カッコよすぎるのです!

私も50も半ば近くなり、伊能忠敬の人生第二のスタートの世代に近くなりますが、

好奇心だけは衰えず
伊能忠敬のような生き方は本当に刺激的です。

日本初の日本地図作成が有名ですが
佐原(現千葉県香取市)で、事業家として活躍をしました。

隠居をしてから天文学や地理学を学び、大日本沿海輿地図を完成させたことで広く知られていますが
佐原が生んだ偉人ですね。

佐原では、事業をしていた間の30年間を過ごしたのだそうで
そのお屋敷が残っているというのです。

これは、行かねばなりません。

水郷佐原

水運を利用して「江戸優り」といわれるほど栄えていた佐原ですが
江戸の文化を取り入れて、それを独自の文化に変えていったそうです。

その面影を残す町並みが、今でも残っていると兄が勧めてくれたのでした。

 

佐原は「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されているそうですが
小江戸の川越や倉敷の街並みなどをイメージすればよいのでしょうか?

川沿いに重要伝統的建造物群保存地区伊能忠敬旧宅(寛政5年(1793)建築・国指定史跡)のほか県指定文化財も8件(13棟)が
軒をつらねているそうです。

伊能忠敬とは

伊能忠敬略歴

伊能忠敬とは日本地図を
初めて作成したということで有名です。

「自分で歩いて地図作ったってすごい」という記憶だけがありました。
50歳で隠居し江戸に出て、天文・暦学を学び始めたそうです。

当時の50歳とは、今の70才くらいでしょうか?

本当に私からすると、理想的な生き方です。

ある時にきっかけをつかんで地図作りを始め、17年をかけて日本全土を実地測量し
実測による日本全図の作成という壮大な事業を成し遂げました。

佐原に行ったら、あちこち歩きますが、
まずは伊能忠敬旧宅に行きたいと思います。

伊能忠敬旧宅(国指定史跡)

伊能忠敬が佐原で30年余りを過ごした母屋と店舗がそのまま残されているそうです。
(母屋は寛政5年(1793)忠敬自身が設計したもの)

18歳で伊能家の養子となり、醸酒業ならびに米穀薪炭の事業に専念
村政の中心としても活躍していたそうです。

旅ナビhttp://www.suigo-sawara.ne.jp/entry-info.html?id=4512より

<建築年代>
店舗・正門:不明
書院:寛政5年(1793年)
土蔵:文政4年(1821年)以前

 

佐原の酒蔵 東薫酒造

また、酒蔵もあるそうで、ぜひそこを見学しようと思います。

佐原の酒造り、東薫酒造の歴史は、江戸初期(1661~73年)に伊能三郎右衛門(伊能家の先祖)が常陸の牛堀平八郎から70石の酒造株を買い受けて始めたそうです。


江戸中期には村で35軒の酒造家がいたのだそうですが、
現在は香取街道沿いにある、東薫酒造と馬場本家の2軒のみだそうです。

江戸時代文政8年に創業の東薫酒造は、伊能家に弟子入りし、酒造業を習得発展させたと伝えられています。

酒蔵見学が可能だそうですので、これはぜひ訪ねなければなりません。

酒蔵見学

年中無休で営業しており
酒造りの工程を無料で見学できます。

酒蔵見学ご案内時間

(予約のない場合)
10:00 10:30 11:00 11:30
13:00 13:30 14:00 14:30 15:00 15:30

あとは、駅前の佐原観光案内所で地図をいただき歩きましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。