京都タワーは京都のシンボル

 


京都好きにしては、1年以上京都へ行っていないと
欠乏症の症状が出てきます。

今回は、1年ぶりだったのか2年ぶりだったのかわからないけれども
本当に久しぶりの京都でした。

京都タワーに思入れなどないのですが
駅に降り立ち、パーンと目に飛び込んでくるのが京都タワー


おおおおおお、京都に来た!!!

と実感できるのは、京都タワーが目に飛び込んできたときです。

興味もなかったけれども、今は、シンボルになっているのかもしれませんね。

京都タワーは京都駅烏丸中央口前に聳え立っています。
高さは131mあり、京都市内では最も高い建造物となっています。

週末の京都は、桜満開のために
日本国内はもちろん、海外からの観光客でごったがえしていました。

どこへ行こうか迷いましたが
いっきに人里離れた場所へ行きたいと考えて
そのまま、大原行のバスに飛び乗りました。

一日、大原で過ごして夜になり
京都駅は戻りました。

そこでまた、京都タワーの威力を感じました。

ああ、駅に戻ってきた。。

京都タワーの存在感、実感です。

いつもの駅前の小料理屋で「ちょいのみセット」と若竹たいたんをいただきまして

このまま、夜間のさくらライトアップへ移動です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。