チュニジア アルジェリア国境付近タルメザ → サハラ砂漠へ南下(2010年の旅)

 


11月21日

かわらず、五人でチュニジア移動中です。

現在は、アルジェリア国境付近タメルザから、サハラ砂漠に向けて南下中。

渇いた土、広い平原、億単位の岩山の中を走行中。時々遊牧民もいます。

もー、好き!ずっとずっと、こういう世界に来たかった!

携帯で撮影した写真を紹介します。

写真は、世界遺産のドゥッガ遺跡。


ベルベル人、ローマ帝国、ビザンチン帝国の遺跡がきれいに残っています。

真ん中は、山岳オアシス、ミディス。
映画『イングリッシュペイシェント』の撮影をした場所です。
飛行機が落ちてきたりした場所ですね。

三枚目、ホテルタメルザ。
私たちが泊まりました。
世界で泊まってみたいホテル100に入ってるそうです。泊まれば、わかります!
ここでの朝は、
今まで生きてきた中で、1番印象的な朝だったかもしれません。

写真は日の出に散歩した時のもの。
ホテルは丘の上にあり、目の前には、ベルベル人廃墟、砂地には馬が放牧されてます。
早朝の静寂さの中で、余りにも大きすぎる、自然と歴史を感じ、今、ここに存在することを不思議に思いました。

家族、連れて来たいなー。

息子は、私に似て、冒険好きだし、パパも仕事が忙しいだけで、来たいはず。

人生は、一度きりだからね。

人には好きなもの、事がありますが、私は、なんといっても旅、ですね。

若い頃、探検隊に入りたいと真剣に考えた事がありましたけど(笑)。

さて、サハラ砂漠に向かう途中ですが、塩湖、シェットエルドリドに到着みたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。