限りある人生を丁寧に味わいながら、生きる。

 


五月晴れが続いています。

週末は、沼津で魚三昧とハイキングの予定でしたが
近い親戚が突然に他界してしまい、旅をキャンセルして
通夜告別式となりました。

突然のお別れとしては、余りに爽やかな日。
青く爽やかな空を眺めながら、これから、彼のお通夜か、、
と、現状と環境が折り合わない。

 

Facebookの友達であり、いとこ(主人の)との突然のお別れでした。

私との付き合いは、主人と結婚してからなのですが
共通の友人がいることから、私だけfacebook友達でした。

亡くなる当日までアクティブ投稿されてて
しかも、かなり力を入れて記事を書かれていたので
一冊目の書籍が好評だったこともあり
二冊目を出版される、その下書きの意味もあるのかと
考えておりました。

その投稿から、生きる気持ちを「奮い立たせている」ようでもありました。

私は同居の義理の両親看病介護をしてきたのですが
義母に「弱ってしまって自力で死ぬこともできないの。だから死ぬまでお世話してね」と言われたことがあります。

死にたい、すぐにも死にたい、だけどしねないの。

と。

でも、まだまだ明日も来週も来年も5年後もあると思い生きるつもりで過ごしている人が
突然人生を終えてしまうこともある。

これが、寿命というのでしょうか。

生きているということは、こういう事なのでしょうか。

人の人生の長さなんて分からないですね。

人には、命あるものにはすべて、限りがあります。

しかしながら、その「限り」がいつなのか
誰もわかりません。

毎日が人生の最後の日だと思って生きる、という人がいます。

そこまでの表現はしませんが
一日一日、その時の時間を
丁寧に丁寧に味わって生きる、
これが大切ではないでしょうか。

大切な人には大切だよ、
好きな人には大好きだよ、

と素直に伝えておきたい。

一瞬一瞬を大切に選択して
毎日を生きる。

突然逝ってしまった人だけれども
数年前に見送らなければならなかった息子と
今ごろ、次の世界で会えているのかもしれないとおもうと
残されたご家族は辛いけれども、もしかしたら、やっと会えたね、と、一緒にいるのかもしれないと思うと
少し、救われます。

しかし、息子とご主人をなくされた奥様については
もう、書き記すほどの心は持てませんが、、

生きている人は
前に進むしか、ないのですね。

そして、丁寧に、自分に素直に生きる、
これを大切にします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。