airbnb&ホストファミリーを始めた理由 リビング留学 リビング旅行

   2017/01/13


ホストファミリーを始めた理由

ホストファミリーをはじめる理由、人はそれぞれキッカケがあるでしょう。
我が家がホストファミリーをはじめた理由、それは、子供のころからの憧れにさかのぼります。


小学生時代

私は小さい頃、田んぼの真ん中、あぜ、そして畑に寝転がって、
また自宅の屋根の上に座り、いつも空見上げていました。

地球の裏側へつないでくれる飛行機や青い空
そして、その向こう側にある海外への憧れが強い子供でした。

「海や空の向こう側の未知の世界」はどんななのだろう?とワクワクしていたのです。
当時は、海外のテレビ番組も少なく、少しの情報で大きくイメージを膨らませていました。

 

中学生時代

世界を飛び回りたくて、フライトアテンダントになるつもりでした。

「スチュワーデス物語」というテレビのよう小説を書いたり、部屋の壁や天井まで飛行機のポスターが貼ってありました。

 

高校生の時代

 

世界中に興味は尽きませんでしたが、特にサハラ砂漠の本を読みあさり
アフリカへの思いも強くなり
世界史の教科書で知るローマ帝国やアジアの国々の歴史にさらに興味を持ちました。

 

大学生時代

世界を自分の目で確かめ味わいたくて、冒険したくて、お金を貯め、また両親からは、
成人式の着物の代わりに旅費を成人祝いにプレゼントしてもらい
ヨーロッパ、特に南ヨーロッパを歩き、旅で出会う歴史や文化の面白さ、
そして、そこで出会う人たちとその生活に好奇心が刺激されまくり
旅への果てしない面白さを知ってしまったのです。

 

結婚してから

看病、子育てと日々が忙しくなり、とても海外へ行く余裕がなくなりました。

悶々とした日々をすごしながら、海外へ行けない環境を嘆くだけでは何も変わらない、
いけないけれども何かきっと楽しい方法があるはず、、
では、どのような方法で、解決できるだろうかと考えました。

「海外に行けない」

「海外に行けない」

「海外に行けない」

いけないならば、、、、

 

発想転換期!

 

海外にいけないならば、「海外に来てもらえばいい!」

そうだ、来てもらえばいいのだ!

 

そう発想を切り替えました。

 

ホストファミリー受け入れて、リビング留学、リビング旅行!

 

そこに考えが至った私が、すぐにとった行動は
ホームステイを頻繁に扱う語学サークルへの登録、そして、
留学生が多い大学へのホストファミリー登録でした。

今は、民泊のシステムもありますね。

後に
日本語学校との提携をしたり
友達の友達、口コミ、などで次々と海外の良い学生が我が家にステイしてきました。

1泊の滞在の人もいまあしたし、6年住んだ人もいます。

発想かえたら、いとも簡単に海外からの受け入れ生活が始まり、そこからがスタートでした。

あれから20年以上、出会った人の数は、30か国程、100人以上です。

自宅にいながら、世界とつながる、これはとても楽しいことです。

自分も楽しく、子供も成長します。
世界が広がっていきますので、
興味のある方は、ぜひ一歩を踏み出すことをおすすめしたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。