韓国人留学生は、夢を手に入れた。

   2017/02/13


昨日は、我が家に3年間ホームステイをしていた韓国のジヨンと息子、友達が集まって楽しく過ごしたようです。

息子にとっては「姉」のような存在となり、息子は人に説明するときに「韓国人の姉」と言っています。
そのくらい楽しく過ごし、サポートもしあい、いつもいつもリビングで勉強やパソコンをしていました。

ジヨンと息子がいると、家の中のテンション、笑いの温度レベルがちょっと上昇します。
そんな、とても良い子です。

留学生の来日の目的

彼女が、日本に来た理由は、自分の夢をつかむ為でした。

絶対に入りたいデザイン関係の会社が日本にあり、その会社へ入社するには、「日本の芸大」に入ることが近道と知り
芸大大学院で勉強するために来日しました。

そして、芸大に入るため、まず日本語学校に通う必要がありました。

その時の日本語学校の校長から「とても良い留学生がいるので、ぜひ、預かってほしい」と頼まれました。

芸大大学院を受け、一次合格!

そして、このまま二次突破へ!!とすすみましたが、まさかの不合格。

泣きました。静かに泣きました。
私も非常に悲しかった。

そして、また一年頑張りました。
滑り止めなど受けず、ただただ、芸大だけを目指して頑張りました。

二年目、とうとう芸大大学院に合格!

このとき、ジヨンが電話をかけてきたのですが、大声で泣きすぎて合格なのかどうか、わからないくらいに泣いていました。
ただ、わざわざ電話をかけてくるということは、合格なのです!

私も一緒に泣きました。
電話の向こう側と、こちらで泣きました。
大泣き、

うれしくてうれしくて、私も、2時間、泣きっぱなし。

ジヨンは、何度も合格者発表掲示板を見すぎて、これが夢か現実かわからなくなってしまったと
掲示板の写メを送ってきて「お母さん、本当に合格かわからなくなってしまって、お母さん見てください」と。

何度みても、間違いなく合格でした。

卒業

そして、ともに生活をしながらの2年の月日が流れ、、芸大大学院を卒業しました。
大学でもよい友達がたくさん、素晴らしい時間を過ごしていました。

仕事のほうは、最初、入りたかったデザイン会社へアプローチするものの、過去に外国人を採用したことがないという理由で
採用を断られました。

その会社にアルバイトで入っていたので、そのまま採用してくれることになったのですが
急に、外人はかつて採用した事がない、ということで、切られてしまったのです。

ところが実力のあるジヨン、デザイン会社は、社内の環境を変えて
彼女を採用する流れにしてくれたのです。

彼女の人柄と、実力です。

第一線で活躍

今は、自分が入りたい会社に入社して、今第一線で活躍しているわけです。

そして、数年前にジヨンと話をしたこと、思い出しました。

大学院受験の山場が近くなって来た時に

「おかあさん、私のこれからの未来で、一番よいストーリーは・・・」

大学院に合格して、入学式10日前に韓国から両親が来日して、東京近辺を旅して
どうしても入りたいデザインの会社に入って活躍して。。。

これ、今、振り返ったらすべて実現しています!
凄いですね。
つかみたいものが明確で、そこに向かって頑張る留学生
ホストマザー冥利に尽きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。