鳩山二郎の学歴と経歴は?結婚は?兄の鳩山太郎の学歴は?

   2016/10/26


鳩山邦夫元総務相の死去に伴う、衆議院福岡6区補欠選挙が行われ、鳩山二郎氏は「弔い選挙」を掲げ、
邦夫氏がつくった派閥横断の議員グループ「きさらぎ会」のメンバーも応援に入り圧勝したというニュースを見ました。

実は、鳩山二郎氏のことは全く知らなかったので、ニュースを見たときには
イケメン!甘いマスク!と驚きました。
お父さんも若い時はかっこよかったですし、お母様は女優ですから、なるほどやはり、と納得したわけです。

しかしながら、若いイケメンなのに福岡県大川市市長を経験されて、立派な政治家の道を歩んでいる方でした。

 

14324300_611762022337630_4962268477819464553_o

鳩山二郎FACEBOOKより

鳩山二郎さんの学歴が異色

鳩山家は曾祖父、祖父、父の鳩山邦夫と
東大法学部卒が続いてきました。

叔父の鳩山由紀夫も東大、そんな中で面白い学歴のように思いますね。

1994年:青山学院高等部入学
1996年:青山学院高等部中退
1996年:オーストラリア・サウスポートスクール入学
1999年:オーストラリア・サウスポートスクール卒業
2003年:杏林大学社会科学部卒業
2005年:杏林大学大学院国際協力研究科博士前期課程(修士課程)中退。

兄の鳩山太郎は東大を目指すものの
二浪して早稲田の政経学部に入学、次男の二郎氏は
この一族の環境にありながら、鳩山ファミリーのDNAを受け継いでいる末裔でありながら、に異色で

 

あり興味が湧いてきます。

しかも、青山学院初等部から高等部に進み、高3の時になぜか中退し、オーストラリアのサウスポートスクールに留学し、
帰国後、杏林大学に入学しています。

留学の理由は、政治家になるには海外を見て知っていた方が良いと考えたそうで、もともと勉強もそれなりに出来ていたそうなので
高校を中退して留学したとは、鳩山DNAの中では、非常に面白い選択であり、生き方、勇気ある生き方ですね。

ではなぜに東大DNAの中で、ランクが違う大学に入ったのかというと、鳩山二郎氏本人のコメントとして
「(杏林大学を選んだのは)学校名にまったく執着していなかったんです。日本に戻ったのは親父が都知事選に出馬した時でしたが、“大学には行こう”と思ったぐらいで……」とのことです。

異色で面白そうな、期待できる政治家になりそうです。

 

鳩山二郎さん経歴は?

杏林大学大学院を中退し、父・鳩山邦夫の秘書になりました。
2011年の福岡県知事選挙への出馬を一時検討しましたが、最終的に断念された様子です。
2013年6月30日投開票の大川市長選で前市長を破り初当選し、同市では史上最年少の市長となっています。

そして、2016年9月9日、父の死去に伴い行なわれる衆議院福岡6区補欠選挙に立候補するために
大川市長を辞任しています。

下記は当選時のFACEBOOK上での挨拶です

心ある皆様にお支え頂き、この選挙戦を全力で戦い抜くことが出来ました。毎日不安に思い、眠れない日もありました。本当にこの選挙戦を戦い抜けたのは皆様にお力添え頂いたからでございます。
父にも無事に選挙戦を戦い抜いたことを報告しました。
鳩山二郎をお支え頂いた全ての方に心より感謝申し上げます。

鳩山二郎さんの結婚

2016年の7月ごろ大川市長をされてる時、結婚されたそうです。
どんな女性なのか、公開されていないようですが、今後、大物政治家になっていくとしたら
ズームアップされるのでしょう。

鳩山二郎さんの兄鳩山太郎さん

鳩山太郎さんは2003年4月、東京都議会議員選挙に初当選しています。
その後は落選が続き、バラエティ番組などによくでていて、「いじりやすいキャラ」としては評価を得ているようです。

太郎さんはかなりのアニメ好き、ゲーム好きであり
もはやオタクといっていいレベルだそうです。
当時ニートの星と呼ばれていたようで、父鳩山邦男とも弟う鳩山二郎とも違うキャラのようです。

政治家に向いているのは、次男の二郎かもしれませんが、今後の活動が面白そうな鳩山太郎さんです。

小泉進次郎とともに今後に期待

鳩山二郎とはどのような人物か?と調べてみましたが、なかなか、型にはまっていない面白い政治家なのではないかと思います。

鳩山二郎氏は1979年生まれ、同世代に小泉進次郎(1981年生まれ)がいますが、大学もFランクというところも同じ
賢さ、立ち振る舞いも似ているように思います。

周りに流されず自分の意見を堂々というところも似てますし、今後の日本の中核になっていく顔ぶれではないでしょうか?
期待大です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。